紅茶をおいしく淹れるコツ、「ゴールデンルール」とは?

美味しい紅茶を淹れるためには、押さえておきたい「ゴールデンルール」と呼ばれる方法があります。
難しいことはありませんが、正しい用具を使い、正確な分量、計時、温度管理が必要となります。
用具についても特別なものを揃える必要はありませんが、必ず陶磁器製のポットを使うことです。
茶こしに入れた茶葉に熱湯を注ぐ方法では、味や香りを引き出すことができません。
また南部鉄器などの鉄瓶を使うと、色が黒ずんでしまいます。
日本茶を淹れる普通の急須でも十分ですが、丸みがあって大きめのものが向いています。
分量は茶葉のタイプにより異なり、湯量150mlの場合、ブロークンタイプではティースプーン中盛1杯(2.5~3g)、リーフタイプで大盛1杯(3g)が適量です。
時間はブロークンで2分半~3分、リーフで3~4分、これを砂時計やタイマーなどを使って正確にはかることが大事です。
注ぐ湯はもちろん沸騰したての熱湯ですが、やかんの中に沸き立つ泡が細かくなっているようでは沸かしすぎです。
あらかじめ温めておいたポットにこの熱湯を注ぐと、茶葉はポットの中で「ジャンピング」呼ばれる対流を起こし、紅茶のおいしさの決め手であるタンニンが十分に抽出されます。
このジャンピングが起これば、紅茶の淹れ方はほぼ成功です。
気温が低いときには、ポットにカバーをかけて冷めないようにしたいものです。
最後に温めたカップに注いで完成です。

普段着のイギリス紅茶の入れ方

美味しい紅茶の葉をポットに入れ、じっくり葉が開くのを待ち、綺麗なティーカップでゆったり味わいながら飲むーそんな日本人の持つイメージ通りのイギリス人のティータイムは素敵なホテルやティールームか、よそいきのお客様のおもてなしでみられる位で、一般のイギリス人の紅茶の入れ方は気取らずシンプルです。
たっぷり飲む為マグカップにスーパーで購入したティーバッグを入れ、ケトルで沸騰したてのお湯をざっと入れ、好みの濃さになるまで待ってティーバッグをぽいと捨てて出来上がり、ミルクはお湯を入れる前に入れる人も後に入れるのを好む人もいます。
前に入れると茶葉の開きがよくなり、後に入れると自分の好みの出来上がりの色になるのが分かるのでそれまで待ってティーバッグを捨てればいいし、これは個人の好みでのようです。
重要なポイントは以前沸かしてケトルに残っていた水は全部捨てて、一度も沸かしていない新しい水をケトルに入れ沸騰させる事、そして沸騰したら瞬時にマグカップに注ぐ事、あと短気を起こして濃く出す為にティーバッグをスプーンでカップのふちにぎゅーっと押しつけるのはNGです。
あと最近ではレンジに水とティーバッグを放りこんでチンとすると言う猛者もいるそうです。

注目サイト

腕時計の高価買取は、宝石広場にお任せください!

ロレックス エクスプローラー 高価買取

酸素が直接目に届くから、一日中しっとり美しい瞳。

カラコン 発色

最終更新日:2016/12/19



『紅茶』 最新ツイート

@uzaizen_bot

紅茶が足りない…!紅茶・・・紅茶・・・!!うをおおおおおおおおおおおお(禁断症状です)

25秒前 - 2017年02月22日


@Lyuca_Roselinde

@hanra_cgos3 ハーゲンアイスよ。紅茶クリスピーハーゲンが最高で美味しいのよ。最高

25秒前 - 2017年02月22日


@kocha129

遊月遊日と言うクランで活動してます! 見かけたら気軽に絡んでください(*´﹀`*) クラン名:遊月遊日 AVA名:紅茶..* ♯ava

44秒前 - 2017年02月22日


Copyright (C) 2009 「ホッとひととき」All rights reserved.